医療事故対策などの医療関係法務、質の高い企業関係法務をご提供する名古屋市千種区の弁護士事務所「蜂須賀法律弁護士事務所」

蜂須賀法律事務所

お電話でのお問い合わせ052-733-7831月〜金 9:00〜18:00

医療関係法務

医療法人・医師のセカンドオピニオンとして医療従事者が抱える法律問題を解決します。

医療事件・事故における示談交渉(医療機関側)

 医療事件・事故とは,医療に関わる場所で,医療の過程において発生する事件・事故をいいます。
 この中には,医師や看護師等の医療機関側に過失(注意義務違反)がある場合と医療機関側に過失が認められず,合併症等の不可抗力的な理由で期待した治療結果が得られなかった場合等があり,後者については原則として医療機関側には法的責任は発生しません。
 そのため,医療事故事件において損害賠償等を求める場合には,医療機関側に過失が認められるか否かが大きな争点となりますが、過失の有無は、明白な過失がある場合は別として、高度な医療知識と法律知識に基づいて判断されることになります。
 そのため、かかる医事事件・事故の解決には、医学的専門知識と法的専門知識の双方が必要不可欠といえます。
当事務所は、医療事件・事故発生の初期対応及び紛争の解決に向けたアドバイスを行うだけでなく、裁判手続前において、適切な解決に向けた医療機関側の代理人として示談交渉を担います。

医療訴訟(医療機関側)

 仮に、医療機関として、前記のような解決に向けた努力を行っても、なお医療訴訟(損害賠償請求訴訟)を提起されるリスクを常にはらんでいます。また、事前の交渉なく、突然、医療機関が被告として訴訟を提起される場合もあります。
  医療訴訟は、弁護士業務の中でも極めて専門性の要求される分野です。当事務所では、名古屋地方裁判所における医療集中部での対応も含め、医事関係法務に関して培った経験を活かして訴訟代理を行って参ります。

医療機関における法律問題

 医療機関といえども事業者である以上、日々の業務の中で様々な問題を抱える可能性があります。たとえば、施設内事故(転倒、労災)、各種契約書のチェック、施設の不動産トラブルなどについて弁護士に相談をすべき機会が少なからずあろうかと思います。
  当事務所では、企業関係法務および医療関係法務の経験を活かし、適切な法的アドバイスの提供を行います。

未収金回収

 医療機関が抱えている医療費未収金問題は、病院の財政を圧迫する一つの原因となっており、また、未収金の管理および回収を行う現場にかかる負担は大きくなる一方です。
 当事務所では、医療機関と患者様との間のより良い関係作りを意識しながら、具体的な事案に即し、適切かつ有効な手続を選択し、その手段を適切な時期に行使することで、未収金の回収業務を行うとともに、今後の予防策等をご提案致します。

顧問契約締結について

 医療事件・事故は、一度発生すると、当該事件・事故に直接関わった方だけでなく、医療機関・介護事業者全体の業務に多大な影響をもたらすことになります。従って、医療事故を未然に防ぐ体制作りが重要です。また、事故が発生した場合には、迅速かつ適切な初期対応が、後の紛争の重大化を予防するために不可欠といえます。
 そのため、法律顧問として、弁護士が、日常的に関与させて頂くことが重要であり、顧問契約を締結して頂きましたあかつきには、当事務所の経験を活かし、全面的にサポートをさせて頂きます。

業務内容

企業関係法務

医療関係法務

一般民事